1. HOME
  2. ブログ
  3. BRIGADE
  4. BRIGADEで行う見立てと段取りとは?

BRIGADEで行う見立てと段取りとは?

BRIGADEでは小売業を営むひとり経営の方を対象に、顧客化の対策を提案しています。顧客化の対策は【商品・販売計画】【プロモーション】【ビジュアル】【ディレクション】がありますが、どれも見立てと段取りが含まれています。

見立てとは

・見て選び定めること
・診断/予測すること
・なぞらえて別のものを表現すること

段取りとは

・物事を行う手順や順序
・芝居などの筋の展開や組み立て

2018年から部分的に行っていたのですが、2019年のメニュー刷新に伴い見立てと段取りを支援内に含めることにしました。

BRIGADEの全サービスの基本となるのが見立て。 お申し込みいただくサービスによって異なりますが、支援1回目で詳細なヒアリングを行ったあと、どのような商品や販売時期、プロモーション、ビジュアルが適切と思われるか、 私達で検討するのが見立てです。支援2回目に見立てを元にしたドラフト(提案書の下書き)を文章や図等で提案します。

2回目の支援ではドラフトを元に一緒に意見を出し合いながら内容をフィックス(提案書の確定)します。 何のために何をする必要があるのか 実務の段取りもここで明確にし、支援3回目に内容の微調整を行います。

3回目終了後に提案書をまとめ、データで納品します。(提案書はご自身で後々確認できるようにword等のデータでお渡ししています。)

※サービスによって見立てと段取りの範囲が異なります。詳細はHPをご確認ください

関連記事