1. HOME
  2. ブログ
  3. ビジュアル
  4. アクセサリーのイメージカラーとフォント

アクセサリーのイメージカラーとフォント

BRIGADEでは顧客化の対策で行った一部内容を参考例として掲載しています。ご依頼いただく際の参考としてご覧ください。今回はビジュアルの参考例です。

※名称は実際のものではありません
※実際の色やフォントより少し変更しています
※掲載にあたり許可をいただいています

ご依頼の背景

販路開拓に伴いロゴを含め、アクセサリー台紙や販促ディスプレイの変更を検討しなおしたいとのことでビジュアルをご依頼いただきました。 上記画像はビジュアルの提案書の一部であるイメージカラーとフォント、ロゴです。実際はドラフト(下書き)とフィックス(確定)という段階を経て決定していきます。

提案時の話

取り扱うアクセサリーのテイストとフォントが相反しないように、今まで製作されてきたアクセサリーと今後のコンセプトをうかがっていきました。柔らかさは活かしつつすっきりとした印象にしたいとのご要望に加え、テイストが異なるアイテムでもなじみやすさがあること、提案先の雰囲気と合わせやすいよう数種類のフォントを提案しました。

また、イメージカラーにオレンジをご希望でしたのでオレンジの彩度と明度を調整しながら柔らかみのある色合いにし、赤の代わりにベージュを導入しました。(実際はこれに加えビジュアル提案書のその他の内容も併せて検討を行っています)

提案後の話

販路開拓時に提案先の雰囲気に合わせた販促ディスプレイを提案できたこと、祭事のディスプレイにも世界観が演出できるようになったとご連絡いただきました。

【ご留意ください】
ビジュアルはデザイン指針をまとめることはできますが、ディスプレイ等の製作を行うものではありません。提案書を元にご自身でディスプレイ等の販促物を整えてくださったおかげで今回の成果に繋げることができました。

関連記事