1. HOME
  2. ブログ
  3. プロモーション
  4. お問い合わせフォームの最適化を考える

お問い合わせフォームの最適化を考える

BRIGADEでは顧客化の対策のひとつとして【プロモーション】の検討を行っています。私達が検討するプロモーションは集客・販売促進・購買促進の3つによって形成されています。ここではプロモーションで行った対策の一部をご紹介したり、プロモーションを実施するためのポイントについてお伝えします。

お問い合わせフォームの最適化

「お客様からのお問い合わせが増えないんです」
ご相談くださったのは士業の方でした。サイトを拝見したところ、サービスや料金の説明も分かりやすく細かく内容を記載している印象をうけました。そこでグーグルアナリティクスの方から状況を見てみるとお問い合わせのページで訪問者がサイトを離脱していることが判明しました。

その時のお問い合わせフォーム(※印は必須)

・※会社名
・※会社のふりがな(ひらがな)
・※担当者名
・※担当者名のふりがな(ひらがな)
・※役職
・※郵便番号
・※都道府県
・※番地
・※電話番号
・※メールアドレス
・※メールアドレス(確認用)
・※お問い合わせタイトル(選択式)
・※お問い合わせ内容
・※どのようなきっかけでこのサイトをお知りになりましたか
・※どのようなサービスにご興味を持っていただけましたか

改善後のお問い合わせフォーム(※印は必須)

・※会社名
・※担当者名
・※電話番号
・※メールアドレス
・※お問い合わせ内容

お客様に最適なご提案をしたいという気持ちと、なるべく情報を知りたいといった思いから詳細なお問い合わせフォームを準備していたとの事でした。ですがお客様側からは入力に手間がかかること、入力の内容(住所等の記載)に抵抗を示された可能性があったのではと考え、問い合わせフォームをシンプルにし入力の手間を極力省く問い合わせフォームの最適化と、その分返信の対応を問い合わせ内容別に丁寧に行うことを提案しました。

提案後の話

提案から1年が経過しますが、提案前に比べお問い合わせの数が増えたこと、現在は提案時のシンプルな問い合わせフォームを更に最適化してお客様とのコミュニケーションが取りやすくなるような質問を加えたことをご報告いただいています。

ご留意ください

※現在、BRIGADEで提供しているプロモーションのサービス内ではグーグルアナリティクスの解析は行っていません。解析データをご提供いただけるようでしたら対策の参考にいたします。何卒ご了承ください。

関連記事