1. HOME
  2. 日々のこと
  3. 自習室
  4. 自社に合うホームページ製作会社を見つける3つの視点

自社に合うホームページ製作会社を見つける3つの視点

自社に合うホームページ製作会社を見つける3つの視点

「ホームページ製作比較」「ホームページ製作依頼ポイント」等で検索するとホームページ製作や依頼に関する様々な情報が出てきます。そういったところで既に述べられているものもあるかもしれませんが、ここでは私達がホームページ製作会社を選択する際の視点についてお伝えします。これからホームページ製作を依頼する方の参考になれば幸いです。

1 テイストの一致

私達はまず自分たちの求めるテイスト(文章・写真・イラスト等)が表現できそうかを見ます。またホームページだけではなく紙ベースのデザイン(チラシや名刺等)に対応ができるかも併せて見ています。一人経営の方は自分で様々な業務を行わなければなりません、ですがホームページ製作を行う時間や能力的な制限に足を捉えられてしまうことがあります。その部分をなるべく軽減できるように、継続依頼することを頭に入れながら求めるテイストを表現できる製作会社を探します(2~3社)。費用を考えると自分で全部何とかすると考える方も多いと思います。ですが成果まで考えると自分で全てを行うより適した製作会社へ依頼する方が費用対効果は高くなると私達は考えています。

また、 個人で製作を行っている方の中には、実績や対応業種は少ないものの、質(デザイン、ライティング等)が優れている方が多く存在します。信頼の上でコミュニケーションを重ねていくとこちら側の要望に柔軟に対応してくれる方が見つかることもあります。私達はそういった方を積極的に探すために検索結果や人からの紹介に加え、ランサーズ等の個人が活躍している場所をチェックしています。

2 コミュニケーションの感覚が合う

製作を行う上で欠かせないのがコミュニケーション。皆さんは普段自分がどのようなコミュニケーションをとっているか、ご自身の会話の傾向を把握していますか?結論から端的に話して欲しい方もいれば、想いを汲んで言葉をたくさんかけて欲しい方、様々な方がいますよね。相手とこちらのコミュニケーションの感覚が合うことは製作の意思疎通を行う上で大切な要素です。

漠然としたホームぺージの相談から具体的な製作の相談まであらゆる相談に対応する製作会社は、初見で予算を含め依頼する意志の有無、知識がどれだけあるか、要望を含め様々な情報を聞いてきます。そこでお互いが心地よくコミュニケーションが取れるかきちんと確認しましょう。参考までに私達が依頼をする前に話すことを記載します。

依頼をする前に話すこと(具体的になっている方向け)
1あなたに依頼したい理由
2製作の背景と目的
3お互いのコミュニケーション方法
4予算
5機能
6品質
7納期

私達は1~3を話すとき、相手がどのような反応をするかよく観察します。(場合によって4~7を1~3の前に話すこともあります。)こちらの話にどのような反応をするのか見極めつつお互いのコミュニケーションの感覚が合うようなら次回へ話を進めることにしています。

3 予算の話をなるべく最初にする

私達は話し合いの最初の段階で予算を伝えます。予算を伝えてから話すのと予算を伝えずに話すのとでは話す内容の具体性に差が出るからです。この予算でここまで出来そうか?この機能を追加するには幾らかかるのか?お金の話をどんどんします。探り合いをなくしスムーズにコミュニケーションをすることは製作において暗黙の了解を生まないためにも大切です。(言った言わないのトラブルを防ぎやすくもなります。)

おまけ 実績の多さとお客様の声は冷静に見る

実績やお客様の声がある場合、私達はどのような実績とどのような声なのかを冷静に見ます。多い=私達に合うとは限りません。業務内容と合わせて私達が求めるものに対応できそうかといった視点で見ています。また料金の表示がないあるいは応相談となっていて実績やお客様の声が多いところ、数百社・数百人のコンサルティング実績がありというような真偽不明の表示をしている方はより慎重に見るようにしています。

関連記事