商品・販売計画

  1. HOME
  2. 商品・販売計画

商品・販売計画

強みだと思っている事柄は切り口を増やせますか
弱みだと思っていた事柄に光は隠れていませんか

想定ターゲットが価値だと思う商品やサービスと
こちらの提供する商品やサービスの価値が
ずれていませんか

求めやすい商品を求められるタイミングで
販売が出来ていますか

今の状況に擦り合わせていくことも
異なる市場にフレームを変えることも
あなたなら出来ると私達は信じています

私達は基本的なコンセプトから商品を
検討しなおし、販売計画を一緒に検討していきます

相談される方の声

「売上が伸び悩んでいる」
「商品やサービスを見直したい」
「場当たり的な値引きや販売促進をやめたい」

私達はそんなひとり経営の方のために、商品・販売計画というサービスを提供しています。商品・販売計画は【商品計画】【販売計画】の2つを検討します。資産や市場の状況等をヒアリングしながら自社に合った方法を一緒に検討し提案書を納品します。



< 商品・販売計画ご提供の流れ >

【STEP1】
初回ラポールを経てお申込みいただいた1回目にヒアリングを行い、こちら側で商品・販売計画のドラフト(下書き)を準備します。
【STEP2】
2・3回目にドラフトを交えながら提案と相談を行い商品・販売計画の内容をフィックス(確定)。
【STEP3】
3回目終了後1~2週間以内に商品・販売計画の提案書を納品して終了となります。


< ご留意ください >

私達の検討する商品・販売計画はご自身が営まれている基本的な業種(服屋・肉屋・居酒屋)が必要となります。業種がなく業態のみ(○○コンサルティング・○○アドバイザー)で事業を行われている方は対応が出来ませんので何卒ご了承ください。


< 秘密厳守 >

商品・販売計画はご自身の資産やプライベートな事柄についてお話いただくことが多くあります。私達が支援を行っていることやお話しいただいたことは口外いたしませんのでご安心ください。

提案書の内容

ポジショニング

市場の環境、競合の状況から自社のポジショニングを検討(再検討)していきます

コンセプト

業種と業態を明確にし、想定ターゲットの状況からコンセプトを検討(再検討)していきます

顧客の特定

何をどのように売るかを決めるために、ターゲット顧客が何を求めているか、何を価値だと思っているのかを明確にしていきます

バリューチェーン

仕入れ(仕入れが無い場合は商品やサービスの生産や準備)から商品提供までの流れの中で価値が発生する部分を明確化していきます

商品政策

売上高を構成する主要な割合を占める基幹商品と粗利益率の高い戦略商品を検討していきます

売上総利益の検討

売上総利益(売上高ー売上原価)の増加について、商品やサービスの面から検討します。
※営業利益・経常利益については触れる程度となりますことをご了承ください。

売上高予算編成

売上高を達成するために予算がかかる場所を把握し、予算に合わせた達成方法を検討していきます。

販売時期の検討

販売時期と販売促進をかけるタイミングを検討してきます。